尿酸値を下げるお茶

尿酸値に良くない飲み物にはどのようなものがある?

尿酸値を引き下げるために水分を多くとることは重要です。しかし飲料によっては多く飲むことを止めるべき、あるいは全く口にしない方がよい飲み物もあります。尿酸値に良くない飲み物としてよく知られているものの代表は、やはりビールでしょう。ビールにはプリン体が多く含まれているため、尿酸値が急激にあがる可能性があります。しかしビールはおしなべて尿酸値を引き上げるリスクが多いとはいっても、個人差があることも事実です。

 

例えばほんのコップ半分程度のビールを飲んだだけでも、しばらくすると通風などの発作が起きる人がいる一方で、 たびたびでなければコップ1〜2は問題ないという人もいます。こうした違いは、尿酸がどの程度蓄積されているか、また食事内容はどうなっているか、運動を行っているかなどによっても微妙に異なってくるため、一概に絶対ダメとはいえない場合もあるのです。とはいえやはりビールはさすがにリスクが大きいので飲まないにこしたことはありません。

 

ではビール以外のアルコール類の飲料はどうでしょうか。実はほとんどのアルコール類は尿酸値を引き上げるリスクがあります。アルコール類は水分ですので、利尿作用で尿酸も減少すると考える人も多いようですが、これは一時的なものです。アルコール類を多く摂取すると、尿酸が逆に排出しづらくなってしまうので、概してアルコールを含む飲料はおすすめできません。

 

とはいうものの全くアルコール抜きではストレスがたまってしまうという人は、赤ワインなどを薄めるなど工夫して飲むようにしましょう。しかしこの場合でも飲み過ぎは禁物です。

 

では果汁100%のジュースなどはどうでしょうか。ジュースにはさまざまなビタミン類などが含まれていますので尿酸値にとっても、問題は無いはず、と考えてしまいがちです。しかしジュース類には意外なほど多くの果糖類が含まれており、糖分の摂取過剰になってしまうことがあります。

鹿児島大学と地元農場が共同開発した生活習慣病対策のお茶尿酸値を下げるお茶