尿酸値を下げるお茶

妊婦でも安心して飲めるお茶にはどのようなものがある?

お茶は健康に良く、また肥満しにくい体質にしてくれるなど、尿酸値を下げて通風対策にも一役買ってくれるものなので、ぜひ日常的に飲むようにしたいものです。しかし話が妊婦の場合となると、ちょっと事情が違ってきます。

 

よく知られていることとして、多くのお茶にはタンニンカフェインが含まれています。特にカフェインはコーヒーに含まれている量以上の割合で含んでいるお茶もあり、そうなると胎児の発育にも影響が出そうで心配です。

 

特に日本人は大のお茶好きが多いので、意外とこうしたことに無頓着で、妊婦であるにもかかわらず、通常と同じようなカフェインが多く含まれているお茶を飲み続けているようなケースもあります。妊娠時のカフェインの摂取は、母体に対してはたいした負担とはなりません。しかしおなかの中の赤ちゃんにはリスクとなってしまいます。

 

緑茶、紅茶、ウーロン茶などはいずれも量の違いこそあれ、カフェインを含んでいます。そこでこうしたお茶を一時的に麦茶などのカフェインを含んでいないお茶に切り替えましょう。カフェインを含まないお茶としては他にも、ルイボスティー、そば茶、たんぽぽ茶、杜仲茶、黒豆茶などもあります。

 

また最近ではこうしたカフェインを含んでいないお茶をベースに、妊婦に不足しがちな栄養分をプラスした飲料なども発売されています。試してみるとよいでしょう。ただしあくまでも自己判断は危険です。大切な胎児のためにも、一度産科や婦人科などで相談してみるとよいでしょう。

鹿児島大学と地元農場が共同開発した生活習慣病対策のお茶尿酸値を下げるお茶