尿酸値を下げるお茶

尿酸値を下げるお茶の選び方とは

尿酸値を下げるお茶を紹介する前に、まず尿酸値というものが、どういうものであるかを確認しておきましょう。

 

尿酸値とは血液中に含まれている尿酸の量を表したものです。尿酸値の元となる尿酸は、プリン体と呼ばれる成分が分解されてできる老廃物です。ちなみにプリン体とはいっても、おいしいプリンとは何の関連も無いので、ご注意を。

 

さて尿酸はある程度の分量は、どの人の体の中にも含まれているものですが、これがひじょうに多くたまると結晶化してしまうことがあります。痛風という病気はこの尿酸の結晶がたまることで、関節部位などが腫れ上がり、文字通り風があたっても激痛を感じる病気です。

 

また尿酸は通風の原因となるばかりではなく、腎臓機能などに障害をもたらすことがあります。尿酸値は一般的に女性よりも男性の方が高くなっています。

 

さて尿酸値というのは尿酸が大量に血液中にたまることで上昇するわけですから、水分をどんどん補給して、尿を出すことで濃度が薄められます。そのため尿酸値が高いと医者にいわれたことがある人は、最低でも1日に2リットル以上の水分をとることが望ましいとされています。

 

さらにどうせ飲むのであれば、他にも滋養強壮に役立つものがよいということになり、それで尿酸値を下げるにはお茶がよいとされているのです。またお茶はひじょうに多くの種類があります。ハーブティーなども含めると無数に存在するといっても過言ではありません。

 

このように多くの種類が存在するお茶ですが、お茶の多くはカフェインやタンニンなどが含まれていますので、あまりに多くを飲用すると体に不都合なことが生じることもあります。それでは尿酸値を下げるためによいお茶について、考えてみましょう。

鹿児島大学と地元農場が共同開発した生活習慣病対策のお茶尿酸値を下げるお茶

アルコールは尿酸値を上げる?

通風にはビールがよくないとは、よく聞く話です。しかし尿酸値を上げるのはビールだけなのでしょうか。他のアルコール類全般は尿酸値にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

ビール好きに通風の患者が多いというのは、ビールに含まれているプリン体が原因となっています。しかし他のアルコール類であっても、プリン体を含むものはいろいろあります。逆に最近では、尿酸値が高い通風の患者であってもビールを飲んでいるような感覚で飲める商品なども販売されています。

 

ビールに限らずアルコール類には利尿の効果があり、それによって水分が体外に多く排出されてしまいます。尿酸も一緒に排出してくれればよいのですが、残念ながらそうはいきません。その結果からだの水分量が減り、尿酸値が高い体液が残ることになります。こうした点から見てアルコールは尿酸値を上げるということは事実であるということになります。

 

通風の患者などを検査するとわかることですが、ビールを少々飲んだだけで発作がすぐに起こるというようなものではありません。むしろ飲料によって体に取り込まれる尿酸は、体が作り出す尿酸よりもはるかに少なく、その割合はおおよそ20パーセント程度に過ぎません。

 

また長い期間晩酌などでビールを飲む習慣などがあった人の場合、尿酸値が上がるからといって急にビールを飲めなくなると、それだけでひじょうに大きなストレスとなります。ストレスは通風の発作を起こす大きな原因の1つとされています。そのような時こそ、先に述べたビール風飲料などをうまく利用するとよいでしょう。